サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム

サイバー犯罪に関する
白浜シンポジウム

第24回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム セキュリティ道場 in 白浜(株式会社ラック 提供)

カリキュラム案

※開催までに内容を一部変更する可能性があります。

概要

Windows端末を対象とし、標的型攻撃を受けた際に残る痕跡の確認方法を取り上げます。
標的型攻撃に用いられる攻撃手口を実機上で行い、攻撃者の視点を体験していただきます。また、攻撃結果に対してデジタルフォレンジック技術を用いた調査を行い、どのような侵害や被害が発生していたかを調査員の視点で確認していただきます。

最大受講者数

30名

前提知識
到達目標
内容

※2日間(合計6時間)で、以下の内容を実施します。

(1)標的型攻撃とは

標的型攻撃の概要説明

(2)攻撃手口演習

標的型攻撃で用いられる攻撃の演習を実機上で行い、攻撃者がどのような手法で侵害拡大、情報窃取を行うのかを把握する

(3)フォレンジック調査演習

攻撃手口演習で行った攻撃結果に対し、デジタルフォレンジックの技術を用いた調査を実施し、マルウェア感染痕跡、侵害範囲、被害 内容などを特定する

講師
Copyright(C) RIIS All Rights Reserved.