サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム

サイバー犯罪に関する
白浜シンポジウム

「サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」の沿革

2019年12月2日現在

 1996年、和歌山県警の統合ネットワーク整備事業の着手を機に、「今後、コンピュータやネットワークを使った犯罪が発生したとき、警察が迅速に対処するために広くセキュリティ専門家との交流が重要であろう」との判断で、和歌山県警が中心となり、全国から産・官・学の英知を集めて情報交換を行うこととした。そこで1997年に、この分野で世界的に活動しているISACA(情報システムコントロール協会)大阪支部が主催者となり、「第1回コンピュータ犯罪に関する白浜シンポジウム」を和歌山県白浜町において開催した。
 その後、運営スタッフが充実し、現在は、和歌山県警など7団体が実行委員会を結成して運営にあたっている。また、内容も幅広くかつ深くなり、国内外の専門家はもとより、海外からもFBIや米国国家安全保障局からの講演者を招聘するなど、国内ではサイバー犯罪に関するユニークなシンポジウムとして定着している。
2008年10月には、情報化月間表彰のセキュリティ部門で経済産業大臣賞を受賞したほか、第10回記念行事として始めた情報危機管理コンテストについても、2009年より、インシデント対応全体において総合的に優れたチームに経済産業大臣賞を授与いただいている。また、2016年より、JPCERTコーディネーションセンターから同コンテストで最優秀であった個人にJPCERT/CC賞を授与いただいている。さらに、2017年より、教育及び修練の成果が認められたチームに文部科学大臣賞を授与いただいている。

これまでのシンポジウムの実績は、以下の通りである。

Copyright(C) RIIS All Rights Reserved.