プロフィール

岡村 久道 / Hisamichi Okamura

弁護士。博士(情報学)。

内閣官房、内閣府、総務省、経済産業省、厚生労働省、文部科学省、消費者庁などの委員を歴任。平成28年11月から京都大学大学院医学研究科講師に就任。令和4年6月国立情報学研究所客員教授に再任。
専門分野は情報法、知的財産権法など。

主著は、
・「個人情報保護法(第4版)」(商事法務、2022年)
・「著作権法(第5版)」(民事法研究会、2021年)
・「対談で読み解く サイバーセキュリティと法律」(編著、商事法務、2019年)
・「情報セキュリティの法律(改訂版)」(商事法務、2011年)
など多数。


砂原 秀樹 / Hideki Sunahara

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授/KGRI サイバーセキュリティ研究センター長

1960年兵庫県生まれ。88年慶應義塾大学理工学部博士課程修了。電気通信大学情報工学科助手、94年奈良先端科学技術大学院大学情報科学センター助教授を経て、2001年から教授。2005年情報科学研究科教授。2008年4月より現職。

村井純(慶應義塾大学教授)らとともに、1984年からJUNET、1988年からWIDEプロジェクトを通じて、日本におけるインターネットの構築とその研究に従事。現在は、東京大学柴崎亮介教授らとともに、パーソナル情報を預かり個人の意思でそれらを活用する”情報銀行”の実現に向けて研究を進めている。他に、サイバーセキュリティについて技術・社会・人の観点で研究を推進。2008年より大学間連携セキュリティ人財育成事業を先導。


松原 実穂子 / Mihoko Matsubara

NTT チーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト

早稲田大学卒業後、防衛省にて勤務。フルブライト奨学金を得てジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号取得。パシフィック・フォーラムCSIS、日立システムズ、インテル、パロアルトネットワークスのアジア太平洋地域拠点における公共担当の最高セキュリティ責任者兼副社長を経て、現在はNTTのチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジストとしてサイバーセキュリティに関する情報発信と提言に努める。著書に『サイバーセキュリティ 組織を脅威から守る戦略・人材・インテリジェンス』(新潮社、大川出版賞受賞)。「フォーサイト」に不定期連載中。産経新聞「正論」執筆メンバー。第23回正論新風賞受賞。日経電子版「Think!」メンバー。


井上 博之 / Hiroyuki Inoue

大阪大学工学部電子工学科卒業、同大学院工学研究科電子工学専攻修了。奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士後期課程 博士(工学)。住友電気工業、インターネット総合研究所などで通信機器の研究開発やコンサルティングに従事。広島市立大学大学院情報科学研究科の准教授を経て、現在は京都産業大学情報理工学部の教授として、組込みシステムの情報セキュリティ、特に広域ネットワークにつながる家電や自動車のセキュリティにおける、その脆弱性やセキュアな通信プロトコルに関する研究開発を行っている。他に、SECCON実行委員、SecHack365 トレーナー、セキュリティ・キャンプ全国大会講師など。主著に『カーハッカーズ・ハンドブック ―車載システムの仕組み・分析・セキュリティ』(監修・一部翻訳、オライリー)等がある。


新井 悠 / Yu Arai

2000年に情報セキュリティ業界に飛び込み、株式会社ラックにてSOC事業の立ち上げやアメリカ事務所勤務等を経験。その後情報セキュリティの研究者としてWindowsやInternet Explorerといった著名なソフトウェアに数々の脆弱性を発見する。
ネットワークワームの跳梁跋扈という時代の変化から研究対象をマルウェアへ照準を移行させ、著作や研究成果を発表した。2013年8月からトレンドマイクロ株式会社で標的型マルウェアへの対応などを担当。
2019年10月、NTTデータのExecutive Security Analystに就任。近年は数理モデルや機械学習を使用したセキュリティ対策の研究を行っている。
2017年より大阪大学非常勤講師。著書・監修・翻訳書に『サイバーセキュリティプログラミング』や『アナライジング・マルウェア』がある。CISSP。

BOF 座長

調整中

調整中